ヴァイオリン教室と学童。

TOP > 学童とは? > 学童とお習い事 > ヴァイオリン教室と学童

☆ヴァイオリン教室と学童

ピアノ教室と同じように音楽系の習い事として人気のヴァイオリン教室。
ヴァイオリンと聞くだけで敷居が高そうにみえますが、実はヴァイオリン教室はピアノ教室とその費用は同じくらいといわれています。

ヴァイオリン教室の本当の部分をまとめてみました。

■ヴァイオリンを習うにはお金がかかる?
ヴァイオリンを習うにはお金がかかる? ヴァイオリンは高価な楽器なので安くても最低50万円はしますし、ヴァイオリン本体に加えて弦や弓、松脂の付属品やメンテナンス代金もかかります。

さらにピアノのように一台あればずっと使えるわけではなく、小学生は身長に応じて5台程度のヴァイオリンを持ち替えて用意しなければなりません。

こうしてみるとピアノよりもお金のかかる習い事のように思いますが、ほとんどのヴァイオリン教室では子ども用ヴァイオリンは貸出という形をとっています。

貸出レンタルを利用すればメンテナンス代金しかかかりませんし、レッスン代もピアノ教室と差はありません。

■ヴァイオリンは子どもにとって難しすぎるのでは?
ヴァイオリンは子どもにとって難しすぎるのでは? 音楽を習い事にするには音符を正しく読み、正しく奏することが必要です。

おおよそ小学三年生では音楽の授業で音符を読むようになりますがその前に楽譜に慣れておくことができるので、ヴァイオリンはむしろメリットになります。

小学生に向けたヴァイオリン教室では音楽の基礎的な部分からアプローチすることが多く、もちろん何もかも初めてのことなので突然の上達は望めませんが、楽に楽譜になれることは簡単といえます。

■ヴァイオリンを習わせるメリットは「度胸付け」
ヴァイオリンを習わせるメリットは「度胸付け」 ヴァイオリン教室では、日頃の練習のひとつの目的として発表会が開催されることがあり、そこでは選出メンバーではなく、生徒全員がもれなく演奏します。

その舞台にのぼることによって度胸や緊張に強い環境が望めるほか、アンサンブルといってグループで一緒に演奏することもあります。
このような機会にコミュニケーション能力を高めることもできます。

いかがでしょうか。
ヴァイオリン教室は一見ハードルの高い習い事にも思えますが、その実誰でも始めることができる上、本格的に音楽の道が開けることもあります。
特に子どもが音楽に興味があり、やりたいと願っているなら音楽の習い事はおすすめです。

当サイトにて掲載中の民間学童の施設でも、最近は音楽関連のお習い事にも重点を置いているケースが多々あります。習い事への送り迎えはもちろんのこと、ピアノなどと合わせて実際に施設でヴァイオリンを教えている学童もたくさんあります。

学び、スポーツに加えて音楽も成長期の子供たちにとってはとても大きなウェイトを占めています。
お母さんが働いているからヴァイオリンをあきらめていたという方も、民間学童と合わせてぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか?

<<学童ミュージシャンをご存知ですか?>>

ページの先頭へ
Copy right(c) 2014-2021 学童ねっと All Rights Reserved.
広告掲載について(無料掲載)