夏休みの学童。

TOP > 学童とは? > 夏休みの学童

☆夏休みの学童

夏休みはお子さんにとってかけがえのない大切な時間です。
日中は仕事で家にいることができない保護者のみなさんにとっては、
頭を悩ませる時期かもしれませんね。

■長期休暇中でも運営している施設
夏休みの学童 実は、学童によっては、長期休暇中でも運営している施設があるのです。
普段から学童保育を利用している方はもちろんのこと、長期休暇の期間中だけお子さんを預けたいという方も利用することが可能です。

夏休みの学童では何をしているのか、ご紹介していきましょう。

■実際にどんなことをするの?
夏休み中の学童は、通常授業のある日と大体同じくらいの時間から児童が集まります。
出欠確認などを済ませると、多くの学童では宿題の時間が設けられています。
夏休みの宿題は一人ではなかなか進められず、つい最終日にまとめて…ご両親が手伝って…
という事態に陥りがち。
学童では友達と一緒に進めることができるので、学習習慣をつけられると親御さんたちには好評です。

宿題の時間の他は、遊びの時間、自由時間になっている場合がほとんどですが、
夏のイベントを催したり、地域のイベントに参加したりする場合もあります。
お子さんが目一杯楽しむことのできる時間ですね。
学校近くの施設なら、学校のプールに入ることもできるでしょう。

夏休みの学童 昼食はお弁当持参の施設が多く見受けられます。
休日は給食が出ないため、長期休暇以外でも土日の場合はお弁当を持たせなければならず、 保護者の方の負担となるかもしれません。

おやつは通常通り出されます。
終了時間は施設によってバラつきがあり、おおよそ17:00〜18:00となっているようですが、延長保育をしている施設もあります。

帰りにはお迎えが必須となっている場合もありますので、学童をご検討の際にはお仕事の都合とあわせ確認をするようにしましょう。

以上がおおまかな夏休みの学童での一日です。
まずはお住まいの地域の自治体や、学童保育施設に問い合わせしてみることをおすすめします。

ページの先頭へ
Copy right(c) 2014-2018 学童ねっと All Rights Reserved.
広告掲載について(無料掲載)