学童の気になる料金。

TOP > 学童とは? > 学童の気になる料金

☆学童の気になる料金

学童保育は、PTAや自治体が主となって運営していることがありますが、
近年では民間企業が運営している学童保育施設というのも増えてきました。
そのため、地域や運営元により、料金や預かり期間、曜日などにも違いが見られます。

公設公営、公設民営の施設においては一ヶ月あたりの料金は
概ね5,000円〜10,000円程度と比較的料金が安く設定されています。
それに加え、多くの学童で提供されているおやつの費用や、折々の雑費などがかかる場合もあります。

学童の気になる料金 民設民営のもので民間企業が運営をしているものでは水泳や英語、ピアノといった習い事を兼ねている側面があり、どうしても料金が高くなってしまいがちです。

料金が高額である分、セキュリティ面やサービス面、時間の都合といった部分において他の学童施設よりも高品質だと言えるでしょう。

学童保育施設として留守中にお子さんを預かってもらうだけでなく、専門的なレッスンをお子さんに受けさせたいという保護者の方には特におすすめです。

民設民営の学童施設は、他にNPO団体や保護者、社会福祉法人などによる
非営利団体が運営をおこなっているものがあります。
こちらは料金が比較的安価に設定されている場合がほとんどです。
また、自治体などから補助金を受けている団体の施設であれば、
公設公営の学童施設とほとんど変わらない5,000円〜10,000円程度の料金で利用することが可能となっています。

学童保育施設は「公営だから」とか「料金が高いから」という理由が
そのまま安心、安全であるとは言い切れない部分があります。
お子さまを学童保育に預けたいとご検討されている親御さんは、周囲の方から評判を聞いたり、
お子さんの性格や性質をよく理解をしていただいた上で問い合わせをするなどして、
納得のいく学童保育施設をお選び下さい

ページの先頭へ
Copy right(c) 2014-2018 学童ねっと All Rights Reserved.
広告掲載について(無料掲載)