テニス教室と学童。

TOP > 学童とは? > 学童とお習い事 > テニス教室と学童

☆テニス教室と学童

小学生の学童がいらっしゃり、何か習い事をさせたいとき、スポーツ教室は有力な候補となります。
また、その中でもテニス教室は体力面だけでなく、精神面、人間性などの部分も鍛えることができるので、教育への貢献も期待できます。

総合的な面でお子様の成長をうながしたいのであれば、テニスが適していることでしょう。

■テニスは、十分な量の運動量
最近の学習塾は教え方もいろいろ 具体的にどのようなシーンでお子様の成長に役立つかというと、まず全身を使う競技であるために、十分な量の運動になります。
今の小学生の学童一日の運動量はとても十分とはいえないことが多いので、こういった習い事などで思いきり体を動かさせてあげるべきです。

テニスはラケットを使い、それをさまざまな角度で振るために上半身をまんべんなく動かします。
さらに、コート上を縦横無尽に走り回るので、下半身の運動にもなります。
全身を使うことにより、レッスンを終えた後は気持ちのいい疲労感に包まれることでしょう。

■テニスは頭を使って戦うスポーツ
テニスは頭を使って戦うスポーツ また、テニスは頭を使って戦うスポーツでもあります。
自分ができること、相手ができることを把握し、勝つためには何が有効かを考えます。

試合中でのことはもちろん、長期間の場合でも、目標を持って練習する経験を積むことができます。
これによって養われる思考力や判断力、計画性は別の人生のシーンにおいても発揮されるはずです。

どうすればうまくなるのかを考えることは、どのようなものにおいても重要なことなのです。
小学生のうちから経験を積むことで、早いうちからそういった考えに慣れることができます。

■スポーツマンシップを重視しているスポーツ
スポーツマンシップを重視しているスポーツ これらのことは、特に小学生という早い時期に始めることがさらに重要となります。
というのも、この年齢のときに運動神経がよく発達されるからです。
なので、発達時期と合わせてテニスを行なうことで、あらゆる能力を伸ばすことができます。

将来、頑丈な体になるように、運動神経の優れた子になるようにという思いがあれば、一度は教室に通わせたほうがいいでしょう。

当サイトに掲載中の学童施設でも、スポーツ面の強化を掲げている施設が多くなっています。
テニス教室の欠点は、施設が必要な事です。
ネットが張ってあって、思う存分テニスのできる施設は少なく、また大人も同様に施設を利用するために、中々空きがないという事も多くあります。
学童のように、団体での利用や予約ができる施設に属することで定期的にそのようなスポーツをするチャンスがあるかもしれません。

さらにテニス教室で育まれることは身体面、頭脳面だけではありません。
将来、社会人として、大人として必要なマナーを培うこともできます。

テニス教室にはライバルとなる対戦相手やダブルスのチームメイト、コーチがいたり、道具類があったりします。
それによって挨拶、礼儀、コミュニケーション能力、後片付けなどに関わるマナーを覚えられます。

特にテニスはスポーツマンシップを重視しているスポーツなので、何よりも競技としての楽しさを感じることができるはずです。

ページの先頭へ
Copy right(c) 2014-2021 学童ねっと All Rights Reserved.
広告掲載について(無料掲載)