柔道教室と学童。

TOP > 学童とは? > 学童とお習い事 > 柔道教室と学童

☆柔道教室と学童

小学生向けの習い事の中には武道もあります。
たとえば柔道が挙げられますが、三つの技、つまり投げ技と固め技、当て身技が基本の武道となっています。

現代の学童は運動が不足しがちで、体力も以前に比べて低下していると言われています。
そんな中で柔道は、オリンピックにもあるくらい世界的な認知度があるものなので、始めたいと思うお子様もいらっしゃるはずです。
身体面と精神面を養うには最高の場といえることでしょう。

武道や格闘技といったものは、保護者様にとって何だか乱暴というイメージがある場合もありますが、武道はもともと精神面の向上、人間としての成長を重んじるものなので、むしろ逆です。

正しい武道としての信念を感じることができれば、礼儀や相手を思いやる心を持った子として成長していくことでしょう。
相手を倒すだけでなく、武道を通して自分を見つめられる機会が柔道教室にはあるのです。

生徒の募集は各道場で行っているので、小学生向けのレッスンがあれば詳しい内容を見ていくといいでしょう。
民間学童ではまだ武道についてをしっかりと教えている施設はかなり少ないのが現状です。
徹底した柔道教室はありませんが、スポーツの授業や取り組みの一環で柔道を少し体験できるような施設はあるようです。

■根本的な体力づくり
根本的な体力づくり 根本的な体力づくりにも柔道教室は貢献します。

あらゆるスポーツ、格闘技においては、小学生くらいの年齢の場合、技術を詰め込むよりも基礎体力向上のほうが大切だからです。
しかも柔道の場合、体をうまく使う感覚を他のスポーツ、格闘技と比べて目だって養うことができます。

小学生くらいであるとまだまだ体の使い方でわからないことが多くあるため、時期的にとても適しているのです。

たとえば、特に代表的なのが「受身」です。
この技術は柔道だけでなく、他のスポーツ、格闘技、さらには日常生活においても用いられています。

これがあるかないかでは、体の使い方、怪我のしやすさに大きく関わってくるので、若いうちは習得していく意義が大きいのです。

もちろん本格的に柔道を行っていく上でも重要なことですが、それだけに留まらない汎用性があります。
もし柔道をやめて、別のスポーツや格闘技に移るとしても、その分野で活かすこともできます。

■人間根本の身体能力を習得
人間根本の身体能力を習得 このように、人間根本の身体能力を習得するのに柔道教室は役立ちます。

武道はスポーツと比べてハードルが高そうなイメージがありますが、道場によっては易しいものもたくさんあります。

特に小学生の学童向けのコースであればなおさらなので、年齢に合わせた稽古をつけてもらえます。

また、武道はスポーツと比べて道具を多く必要としないので、その点は手軽に始められるメリットがあります。

中には柔道着なしから始められるレッスンもあるので、不安がある場合はそういった教室で稽古をつけてもらうようにしましょう。

ページの先頭へ
Copy right(c) 2014-2021 学童ねっと All Rights Reserved.
広告掲載について(無料掲載)