バレエ教室と学童。

TOP > 学童とは? > 学童とお習い事 > バレエ教室と学童

☆バレエ教室と学童

小学生の習い事で人気の高いバレエですが、バレエ教室の印象とはどういったものをお持ちですか?
バレエ教室の実際と、その魅力についてまとめてみました。

■バレエ教室はお高い習い事?
バレエ教室 バレエ教室はとにかく「高くつく」と考えている保護者が多いのです。
実際にも小学生の習い事は掛け持ちをすることが多く、他の習い事に比べるとバレエ教室は高めとはいえます。

そして日頃の練習の成果を見せるため、練習の目的の発表会というものも設けられています。

こうした練習費用の他に衣装代を合わせると月に5000円から10.000円ほどかかるのがバレエ教室の月謝として一般的のようです。

■レッスンは週に何回程度?
バレエ教室 週に何回程度? バレエ教室のレッスンは週に一度が基本です。
他の習い事でもこれは同じかもしれませんが、なかには本格的にバレエを目指す場合に困らないように、週に何度も通うことが可能なバレエ教室もあります。

保護者も同伴でバレエ教室に通いたいと考えられているご家庭は、土日にレッスンが開催されるバレエ教室を選ぶといいでしょう。

基本的に、教室側は週のほとんどにレッスンを用意しているところが多いようです。

■それでも魅力的なバレエ教室
それでも魅力的なバレエ教室 お金も時間もかかるかもしれませんが、それでもバレエが小学生に与えるものは大きいのです。
まず小学生低学年でも発表会があれば演目を踊りきらなければなりません。

大人でもたくさんのひとの目に触れる舞台の上は緊張しますが、その経験を小学生から何度も積むことによって度胸が生まれます。
体力的にも、バレエのレッスンは決して優しいものではありません

厳しいレッスンに対する忍耐力、それから指先までキレイに意識できる姿勢の良さも身につきます。
こうした魅力が大きいからこそ、たとえ費用がかかってもバレエ教室はいつまでも人気があるのかもしれません。

このようにバレエ教室の人気には魅力が詰まっているからこそ、といえます。
また人気の習い事というだけあって教えるバレエ教室側も小学生が多く、始めやすいというのも魅力の一つです。

掲載中の学童施設にもバレエ教室が含まれるケースがございます。
あるいは学童⇒お習い事への送り迎えなども出来るようです。

ページの先頭へ
Copy right(c) 2014-2021 学童ねっと All Rights Reserved.
広告掲載について(無料掲載)