キッズコーチ。

TOP > 学童とは? > 現代の学童 > キッズコーチ

☆キッズコーチ

キッズコーチ キッズコーチは、学童保育や学校などで働いている方や、子育て中の方、仕事などで子供との関わりが多い方などのために、一般財団法人日本キッズコーチング協会が発足した資格制度です。

キッズコーチには、認定キッズコーチとキッズコーチ検定の2つの資格があり、このうち学童指導員に特化しているのが認定キッズコーチです。

学童保育のプロフェッショナルとして近年注目をされている認定キッズコーチは、日本で初めての民間認定資格となります。

学童保育業界における一般的な知識や、児童の理解を深めるための、発達心理やコーチング技術の習得に加え、保護者とのコミュニケーションスキルや、イベントの企画立案まで、学童保育に関係する幅広いスキルを習得できます。

資格取得後は、学童保育への就職はもちろん、自分で学童保育施設を開設することも可能です。

■認定キッズコーチの種類

認定キッズコーチには資格取得者のニーズに合わせ、いくつかの種類があります。
資格取得には、同協会が定める適正検査に合格し、規定の講習を受講することが条件となります。

【一般向けコース】
もっとも簡単に取得ができる資格となり、義務教育を修了している方ならどなたでも受講可能です。
講習時間は実技と実習合わせて約80時間となります。
受講料は236,000円です。

【資格保有者向けコース】
小学校教諭、幼稚園教諭、保育士いずれかの資格を保有している方が対象の資格です。
児童教育に関してのより高度な知識を身に着けられ、学童保育はもちろん、それ以外の現場でも大いに役立ちます。
講習時間は実技と実習を合わせて約50時間、受講料は149,000円です。

【放課後児童支援員コース】
自治体が主催している放課後児童支援認定研修を修了している方が取得をできる資格です。
講習時間は実技と実習合わせて32時間、受講料は104,000円です。

【経験者向け速習コース】

過去5年以内に、1000時間以上尚且つ、1年以上放課後児童クラブでの指導経験がある方が取得をできる資格です。
経験があることが前提なので、実技講習は免除となり、座学講習のみとなります。
講習時間は19時間、受講料は56,000円です。

ページの先頭へ
Copy right(c) 2014-2019 学童ねっと All Rights Reserved.
広告掲載について(無料掲載)